読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちひろのゆめ日記

ちひろのゆめ日記というブログ運営してます。 継続は力なりと言う言葉を信じて。

マンデリンのコーヒーをより深く味わうための楽しみ方がコレ!

マンデリンは、世界中で生産されている約200種のコーヒーの中でも、代表的なコーヒー豆の1つです。マンデリンの特徴などを知って、自分流のコーヒーの楽しみ方を見つけてみませんか。

 

マンデリンとは

マンデリンは、コクがあり人気のあるコーヒー豆の1つです。ブルーマウンテンやモカなど、他の人気のあるコーヒー豆と特徴などを比べて、マンデリンをより楽しみましょう。

マンデリンは、インドネシアスマトラ島で栽培されるアラビカ種のコーヒー豆です。
インドネシアは、世界有数のコーヒー産出国ですが、そのほとんどは安価なロブスタ種なので、アラビカ種のマンデリンは希少価値が高いと言われています。
現地民族マンデリン族が、コーヒーを栽培し始めたことがマンデリンコーヒーの呼び名の由来とされています。

マンデリンの味の特徴

マンデリンコーヒーは、酸味が少なく、深いコクと苦味のバランスがよく、上品な風味もあり、独特な後味が楽しめる人気のあるコーヒーです。
マンデリンの焙煎は、基本的には中深煎り「シティロースト」や「フルシティロースト」ですが、深煎り「フレンチロースト」のマンデリンもあります。
*下記コーヒーの焙煎表参照
ブレンドコーヒーにも適していると言われています。マンデリン本来の風味やコクを楽しむ他に、その深みのある苦味は、ミルクと合わせるカフェオレとして楽しむのもおすすめです。

コーヒーの焙煎(ロースト)

コーヒーの焙煎は、基本的には下記の8種類になります。
浅煎りだと酸味が強くなり、逆に、深煎りだと苦味が強くなります。
一般的な店舗では、コーヒー豆に合った焙煎を店舗側が選び、1つの豆に対して1つの焙煎(ロースト)のみの販売となっていることが多いです。

コーヒー ロースト 8段階 表

スポンサーリンク

 


主なコーヒー豆の種類と産地

コーヒー豆は、世界中の約70か国で生産されています。
北回帰線と南回帰線の間で生産されていることから、その間を「コーヒーベルト」と呼びます。

コーヒー産地

コーヒー生産国

・ブルーマウンテン :ジャマイカ
 ジャマイカ東部のブルーマウンテン山脈の“ブルーマウンテンエリア”という地域で栽培

・モカ :イエメン・エチオピア
 エチオピアはコーヒーの発祥地、イエメンはエチオピアに次いで古くからコーヒーを栽培

キリマンジャロタンザニア
 タンザニア北東部のアフリカ最高峰“キリマンジャロ”の斜面で栽培

・コナ:ハワイ
 ハワイ島西部のコナ地区の火山性土壌で栽培

・サントス:ブラジル
 コーヒー豆生産量は世界一で、世界総生産量の約30%

・クリスタルマウンテン:キューバ
 生産されているコーヒー豆のわずか3~4%がクリスタルマウンテン

・メキシコ:メキシコ
 メキシコは、ラテンアメリカで最北端の生産国

・グァテマラ:グァテマラ
 グァテマラは、国土の7割が山岳地帯で、中米有数のコーヒー生産国

・コロンビア:コロンビア
 コーヒー豆生産量は、ブラジルに次ぐ南米第2位の生産量

コスタリカコスタリカ
 生産高のうち約70%が標高1000m以上の高地で栽培

おすすめのコーヒー豆の特徴

マンデリンとともに代表的なコーヒー豆の特徴をいくつかご紹介します。その特徴をマンデリンと比べてみて、ご参考ください。

ブルーマウンテン

全てのコーヒーの良さを併せ持つと言われているバランスの良いのが特徴です。
香りやコクのバランスもよく、希少価値も高いので「コーヒーの王様」と言われています。
アメリカンコーヒーなどが好まれますが、香りの薄いコーヒー豆とブレンドされて飲まれることも多いです。
クセの無い口当たりやバランスの良い味わいは、日本人に好まれ、日本向けの輸出量は全生産量の95%です。

モカ

独特な強い酸味、フルーティな香りとコクが特徴です。
シナモンのようなスパイシーさもあるので、ブレンドに加えるのも人気です。
香りを損なわないように、ハイローストやシティローストでストレートで飲むのがおすすめです。

キリマンジャロ

酸味が強く、甘い香りと豊かなコクで、スッキリとした後味を感じられるのが特徴です。
アフリカを代表するコーヒー豆であり、また、英国王室ご用達のコーヒーとしても有名です。
スッキリとした味わいなので、ストレートで飲むのがおすすめです。

コナ

強い酸味と甘い柑橘系の香りで、まろやかな口当りとスッキリとした後味が特徴です。
高品質で、非常に希少価値の高い高価なコーヒー豆で、また、ホワイトハウス御用達コーヒーとしても有名です。

サントス

酸味と苦味のバランスが良く、誰にでも好まれる味わいが特徴です。
また、コクと香りが高いのも特徴で、クセがないのでブレンドのベースとしても人気です。
コーヒー豆の中では、一般的にとても人気のあるコーヒー豆で、価格も安価で入手できます。

マンデリンまとめ

日本は、アメリカ・ドイツ・イタリアに次ぐ世界4位のコーヒー輸入国であることから、コーヒーは日本人にとっても、馴染み深い飲み物と言えます。
中でも、マンデリンは、コクがとても人気のコーヒーなので、ケーキなどのスイーツとも相性がいいので、楽しみが広がります。コーヒー豆をご購入の際は、是非、味の特徴だけではなく、焙煎などにも注目してみてはいかがですか。

コーヒー ケーキ

スポンサーリンク